愛する家族と仕事に恵まれた男の道楽は、若い頃から乗っているゼファーとのひととき。飛ばさなくたっていい、乗ってるだけで幸せなのさ。
オートバイ2021年9月号(第87巻 第13号)「The Long Shadow」(東本昌平先生作)より
©東本昌平先生・モーターマガジン社 / デジタル編集:楠雅彦@dino.network編集部

可愛い子供たちと優しい妻、四輪と二輪の愛車に囲まれた暮らしになんの不自由があるものか

バイク乗ってきたでしょ?
妻が言った。
私は学校へと出かける愛娘と、幼稚園児の息子を見送りながら新聞を開いていた。「なんで?」
「顔つきが違うもの」妻は柔らかく微笑みながら言った。そういうものらしい。

明け方ね、私は笑った。「少し走ってきた」

画像1: 可愛い子供たちと優しい妻、四輪と二輪の愛車に囲まれた暮らしになんの不自由があるものか
画像2: 可愛い子供たちと優しい妻、四輪と二輪の愛車に囲まれた暮らしになんの不自由があるものか

若い頃からの“連れ”

私の愛車(2輪)はゼファー1100。若い頃から乗っている。
そりゃ今時のバイクと比べたら、速くはない。でも、この歳になって切符を切られたり怪我したら興醒めだ。皆に迷惑がかかるし。

おさななじみが、リターンライダーになったとかどうかと騒ぎ、最新型のハヤブサを買ったときいても、私の心には乱れがない。300キロ出るバイクは魅力的だが、私にはこいつを手放す理由がなかった。

時代が変わっても、変わらずゼファーはゼファー、いつまで経っても“俺の愛車は最高”なのだった。

やんちゃ時代を思い出して、つい飛ばしちゃったりしてない?

画像1: 昔から、そしてこれからも。俺の愛車は最高だ。〜RIDE 「The Long Shadow」より

受け付けは終了しました

  • ないない。いい歳してこけたらカッコ悪いっしょ
  • しっ。うっかり200キロの壁を破ったのは内緒!
  • ないない。いい歳してこけたらカッコ悪いっしょ
    68
    38
  • しっ。うっかり200キロの壁を破ったのは内緒!
    32
    18

まあ、気をつけて、一生のり続けましょうね♪

画像2: 昔から、そしてこれからも。俺の愛車は最高だ。〜RIDE 「The Long Shadow」より

楠 雅彦|Masahiko Kusunoki
湖のようにラグジュアリーなライフスタイル、風のように自由なワークスタイルに憧れるフリーランスライター。ここ数年の夢はマチュピチュで暮らすこと。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.