こんにちは、恐竜おねえさんこと生田晴香です。ディノアライブの新作恐竜ショー『DINO-A-LIVE PREMIUM TIME DIVER 2021 MESOZOIC ODYSSEY 中生代への旅』の記者発表が行われたので行ってきました。そこではこれまでの恐竜ショーでは見たことがないパフォーマンスが!!その場で得た感動をご紹介します!

連載コラム「生田晴香、恐竜と生きる」。福井恐竜博物館 公認恐竜博士、古生物学会友の会・恐竜倶楽部メンバーでもある自他共に認める恐竜ラバーのタレント生田晴香が、恐竜の素晴らしさを隅から隅まで語り尽くす。壮大な歴史とドラマ、未解明の不思議が交差する魅惑の恐竜ワールドへ、ようこそ。- dino.network編集部

ディノアライブがレベルアップ!

画像1: ディノアライブがレベルアップ!

まず、ディノアライブとは何かをご説明します。

ディノアライブ(DINO-A-LIVE)とは、株式会社ON-ARTが開発した恐竜型メカニカルスーツ『DINO TECHNE』と独自の演出方法により、恐竜がまるで生きて存在するかのような世界観が体験出来る日本初の恐竜体験プロジェクトのことです。

街中やテレビで偶然見たことある方も多いのではないでしょうか。ダイナミックかつ繊細な動きを表現してきた世界に類のない唯一無二のディノアライブは、世界14ヵ国でも特許を取得しています。

とにかく見れば誰しもが目の保養で幸福度がアップする、恐竜イベントです。迫力がすごい恐竜もいてちいさいお子様はびっくりしてしまうパターンもありますが、確実に楽しいことは保証します。

画像2: ディノアライブがレベルアップ!

そんなディノアライブが2021年秋『DINO-A-LIVE PREMIUM』としてフルバージョンアップし、世界初公演を実施します。

360°回転劇場『IHIステージアラウンド東京』で行われるのですが、なんともこのステージがすごいんです!

画像: www.tbs.co.jp
www.tbs.co.jp

周囲を取り囲む360度すべてに展開されるステージで、その中心に巨大な円形の観客席を配置。巨大なお盆に乗った観客席、それ自体が回転しながら、舞台、映像、音楽、照明、全てが画期的な方法で融合することで、 これまでにない感覚を体験させてくれるアジア初の没入型エンタテインメント施設となっています!

会場だけでわくわくするのにそこに恐竜ショーですよ。その情報だけで絶対楽しめることが確定したわけですが、まだまだすごいところがあるんです!ご紹介していきましょう。

記者会見でまさかの…!?

ディノアライブプレミアム『タイムダイバー』記者会見動画を撮ってきたので、まずそちらからどうぞ。トークの後に恐竜と飼育員さんらが登場します。

- YouTube

youtu.be

あまりの衝撃に何回も、スローでも繰り返してしまったのですが、ステゴサウルス親子が登場します。

画像1: 記者会見でまさかの…!?

何かぽとぽとお尻から落ちていくのが確認されます。これは一体…?

そう、まさかのう○○です!!

ウォーキングウィズダイナソー、恐竜どうぶつ園などこれまで数々の恐竜ショーを見てきましたが、う○○をする恐竜が出てきたのは初めての出来事で、人が喜び、突っ込むポイントがわかっているなぁとかなりの驚きと関心と感動で涙がぽとぽと出そうになりました。

だって、何回もぽとぽとお尻から落とすんですよ?それも何回も。ステゴサウルスさんのう○○が見れるなんて、びっくりです…!!

画像2: 記者会見でまさかの…!?

落としたう○○は恐竜の飼育員さんが回収していきましたが、欲しかったですね。もし飼育員さんが恐竜ファンだったらさりげなくコレクションしているかもしれませんね(!?)

画像3: 記者会見でまさかの…!?

今回のショーでは過去最多15頭以上の恐竜が登場し、ティラノサウルスやトリケラトプス、そしてなんと13mという大きさのブラキオサウルスまで登場してくれます。

本番のショーでは何種類の恐竜がどのくらいう○○をするのか…やはり自然の動物を演出するわけですからね、気になります。

動物として生きているリアル感を出す為に、もしかしたら日によって量なども違うかもしれません。これは毎日のようにチェックしに行きたくなりますね。

少しう○○について熱くなりすぎましたが、他にも注目してほしいポイントは、こちらです(重要)

  • まばたき、呼吸する胸の動き、舌、尻尾などパイロットが動かしているからこその生き物らしい繊細な動き
  • こだわりぬいた肌の質感
  • 鳴き声や足音などの迫力サウンド

スペシャルサポーターのコメント

画像1: スペシャルサポーターのコメント

記者会見はスペシャルサポーターに古生物学者のダイナソー小林こと小林快次さん、芸人のココリコ田中さん、ディノアライブの生みの親の株式会社ON-ART代表の金丸賀也さんが登場しました。

ココリコ田中さん
「子供の頃は大きさとか見た目のかっこよさに惹かれたんですが大人になるにつれて、もう地球にいないんだよなぁ…っていう会えない感じも含めて、 胸が熱くなります。」

小林さん
「私恐竜研究者なので今回のティラノサウルス科などシビアに見ようかと思ったんですけど、でもやっぱりそうやってロボットを通して生まれ変わる、その動きで迫力で体感できるっていうのは私たち研究だとどうしても本とかテレビとかになっちゃうんですけど三次元の立体で体感できるというのはすごくいいチャンスです。」

金丸さん
「言葉が無いことによって感じることがすごくいっぱいあるんですね。できればノンバーバルバージョンとそれを解説したアカデミックバージョン両方見ていただくと、深く恐竜のこと、生き物のすごさを体験していただけるのではないかと思っております。ぜひぜひ体験しにきてください。」

※コメントは一部抜粋

そう、このステージはノンバーバルバージョンとアカデミックバージョン2つのバージョンがあり、いずれのナレーターは小栗旬さんが担当します。

画像2: スペシャルサポーターのコメント

チケット争奪戦で毎日行けなくても、せめて両方違うバージョンを体験したいですね。ではまた次回!

会期2021年10月29日(金)~2022年1月10日(月・祝)
会場東京・IHIステージアラウンド東京(豊洲)
公式サイトhttps://www.tbs.co.jp/stagearound/dino-a-live2021/
【DINO-A-LIVE PREMIUM TIME DIVER 2021 MESOZOIC ODYSSEY 中生代への旅  】
画像: 劇場が360度回転!? ディノアライブの新作恐竜ショーが2021年秋開催

生田晴香 | Haruka Ikuta
恐竜タレント。TV、CMのほかモデルとして活躍中。福井恐竜博物館の公認恐竜博士で恐竜検定所持。恐竜トークショー、クイズ、鳴き声コンテスト審査員。古生物学会友の会&恐竜倶楽部メンバー。恐竜のうた「ダイナソーDANCE」監修。実は元あやまんJAPAN。
YouTubeちゃんねる「恐竜わっしょい!」始めました。

Instagram

前回の「生田晴香、恐竜と生きる」はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.