フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はオメガから、シーマスター・プラネットオーシャンをご紹介する。

OMEGA
1848年、当時23歳であったルイ・ブランが、懐中時計の組み立て工房を開いたのがはじまり。その後事業を拡大し、1903年に社名を「OMEGA」に変更。オリンピックでも常に名前のあがる公式時計メーカーであり、1965年にはNASA(アメリカ航空宇宙局)が進める宇宙計画のパートナーとしても認められた。1969年に人類と共に月面に降り立った腕時計『スピードマスター』はあまりにも有名。近年では、コーアクシャルムーブメントを採用するなど、時計界のエポックメイカーとして注目されている。

宇宙でも変わらぬ性能を。月に行ったオメガ

「オメガ」といえば、時計に関心のない人でもその名を知っているほど有名なブランドだろう。ロレックスに次いで、いや肩を並べるブランドとして認知している人もいると思う。

もちろんそれは間違いではないが、こと製品の“高級さ”に目を向けると、実は非常に手に取りやすい価格帯なのがオメガの時計なのだ。

本連載ではこれまで、ロレックスをはじめ、パテック・フィリップA.ランゲ&ゾーネといった超高級ブランドを取り上げてきたが、それらと比べると、おそらく1/5ほどの価格で購入できる。(もちろん高いモデルもある)

画像: スピードマスター デイト 価格:258,000円(税込・USED) www.moon-phase.jp

スピードマスター デイト
価格:258,000円(税込・USED)

www.moon-phase.jp
画像: シーマスター300 コーアクシャル 価格:308,000円(税込・USED) www.moon-phase.jp

シーマスター300 コーアクシャル
価格:308,000円(税込・USED)

www.moon-phase.jp

それほどリーズナブルといえるブランドが、なぜ超高級ブランドたちと肩を並べているのか。

それは高い技術力やブランディング力に加え、「世界ではじめて月に行った時計」というのが大きいだろう。

宇宙計画を支える技術

1965年、NASA(アメリカ航空宇宙局)は宇宙空間に耐えられる腕時計を選定。数々の試験を行い、唯一合格したのがオメガのスピードマスターであった。それ以来、NASA公認時計としての地位を獲得。

1969年7月、人類が初めて月面着陸したときに、バズ・オルドリン博士が装着していたのもオメガのスピードマスターだ。そして現在に至るまで、NASAによるすべての有人宇宙ミッションで使用されている“唯一の装備”がオメガの腕時計なのである。

どんな広告や宣伝も「月に行った」という実績には敵わない。オメガの名は世界中、いや人類すべてに轟いたわけだ。

スピードマスターとシーマスター

人類の軌跡に深く刻まれているオメガの時計。月に行ったスピードマスターの名は別格だが、それと同等の人気を誇るのがダイバーズウォッチのシーマスターだ。

その歴史はスピードマスターよりも古く、1948年に防水時計として誕生したのがはじまり。(そもそもスピードマスターはシーマスターからの派生モデル)

当時は日常生活防水程度の性能であったが、徐々に性能を強化。いまでは、海に、空に、あらゆる過酷な状況下に耐えるよう設計され、その耐久性はオメガの時計のなかでも随一を誇る。

人気の裏には、映画007でジェームズ・ボンドが装着したことも大きい。95年に公開されたシリーズ17作目「007 ゴールデンアイ」から現在に至るまで、ジェームズ・ボンドの腕に巻かれているのがシーマスターである。

プラネットオーシャン

画像: シーマスター プラネットオーシャン GMT コーアクシャル ディープブラック

シーマスター プラネットオーシャン GMT コーアクシャル ディープブラック

前置きはこの辺にして、今回紹介する時計を見ていこう。

今回セレクトしたのは、防水性を600Mまで高め、他モデルとは一線を画するデザインやラバーストラップ、ヘリウムエスケープバルブ、セラミックベゼル、GMT、コーアクシャルムーブメントを搭載したシーマスターの上位モデル・プラネットオーシャンだ。

コーアクシャルムーブメントとはオメガ独自のムーブメントで、通常の機械式時計が3〜5年に一度オーバーホールを要するのに対し、8〜10年に一度でOK、という驚異の耐久性を誇るムーブメントである。

シンプルな時計ならいざ知らず、さまざまな機能を載せてもなお長期間メンテナンスフリーというから、その技術力の高さに恐れ入る。

ディープブラック・コレクション

本モデルはプラネットオーシャンの中でも、「スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン」で使われたセラミック技術をより進化させた「ディープブラック」シリーズであり、ケースにブラックセラミックを採用したもの。

ちなみに下のモデルがダークサイド オブ ザ ムーン。

アポロ8号の宇宙飛行士たちの冒険からインスピレーションを得た「スピードマスター ダークサイド オブ ザ ムーン」
価格:735,000円(税込・USED)

www.moon-phase.jp

セラミックとラバーを接合して表現された最初の15分が特長的であり、このレッドは水深5mに達すると見えなくなり、ウェットスーツに溶け込む仕様だ。(別モデルではブルーがあり、そちらは水深275mで見えなくなる)

画像: ディープブラック・コレクション

ブラック一色になっても、スーパールミノヴァコーティング(夜光)により、高い視認性を確保してるのでご安心を。下の動画から、海底での視認性が確認できるのでぜひ見ていただきたい。

画像: The OMEGA Seamaster Planet Ocean "Deep Black" youtu.be

The OMEGA Seamaster Planet Ocean "Deep Black"

youtu.be

マスター クロノメーター規格

これまでに紹介してきた、ロレックスや、タグ・ホイヤーブライトリング(ブライトリングはすべての時計で)も取得している、高精度時計の証であるスイス・クロノメーター規格(C.O.S.C)。

画像: マスター クロノメーター規格

オメガでは上記規格に加え、スイス連邦計量・認定局(METAS)による10日以上に及ぶ8つのテストに合格したものを「マスター クロノメーター」として展開。

2度にわたる精度テストを通過させるという厳格さで、その精度の高さを徹底的に証明している。

精度・知名度・価格──1本目にふさわしい腕時計

上の言葉がドンピシャでハマるのがオメガである。前述してきたとおり、誰もが一目置くブランドであり、その精度も折り紙つき。

さらに手の届きやすい価格とあって、多くの人が選ぶのもうなづける。もしまだ時計を持っていないのなら、オメガを持っておけば間違いない。

2020年11月に公開予定の「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」でも、その雄姿を確認できるはずだ。それまで待ちきれない人は、これまでの作品でオメガを探してみるのも面白い。

観終わったあと、きっとあなたはオメガが欲しくなる。

OMEGA
シーマスター プラネットオーシャン GMT コーアクシャル ディープブラック
品番:215.92.46.22.01.003
素材:セラミック
サイズ:縦45.5㎜×横45.5㎜
防水:600M防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ブラック
販売価格:658,000円(税込)※USED
国内参考定価:1,350,000円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2017年6月)、ピクトグラム証、マスタークロノメーター証が付属
※価格は2020年3月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

ロレックスと並ぶ知名度があり、さらに手が届きやすい価格帯。そして数々のスポーツでタイムキーパーを務めてきた実績と宇宙空間でも変わらぬ性能……これで人気が出ないわけないですよね。

コーアクシャルムーブメントを搭載しているので、オーバーホールまでの期間が長いのも嬉しいポイント。これ、クルマの車検だと思ってもらえればわかりやすいです。長いに越したことはありません。ただ、オーバーホールのときは少し高くなりますけど……。

他の高級ブランドと変わらぬ性能で、さらにコーアクシャルで、30万円〜から購入できるのがオメガです。書いていて「とんでもないブランドだな…」としみじみ思います。

今回のシーマスター プラネットオーシャンは、ディープブラックという色合いからも、他のオメガとは異なる雰囲気で、これまたカッコいい。防水性能にGMT、デイト表示と一通りの機能はついているので、どんなシーンにも(スパイ作戦にも!)対応できます。

もし迷うようなら、ぜひ007をご覧ください。実際に着けている雰囲気を見るのにこれ以上はありません。くれぐれも映画にのめり込みすぎず……ちゃんと時計を見てくださいね?

ちなみに、『007 カジノロワイヤル』にプラネットオーシャンが出てきますよ!

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.