“カネロ”(シナモンという意味。髪の色から付けられた愛称)で知られるアルバレス(58戦55勝36KO1敗2分)と、サンダース(30戦30勝14KO 無敗)のスーパーミドル級3団体統一戦。コロナ禍が沈静化の兆しを見せる米国テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで7万人もの観客を集めるリアル・ビッグイベントとして開催された。

ボクシング界のスーパースター カネロ対 無敗のサウスポー サンダースが激突

P4P(パウンド・フォー・パウンド。全階級のボクサーが同じ身長・体重で戦った場合誰が一番強いのか?を推測する仮定のランキング)のトップ常連のスーパースター、メキシコの英雄 サウル・“カネロ”・アルバレス。

画像: 彼を見るためだけにDAZNに契約するのもアリだ! www.dazn.com

彼を見るためだけにDAZNに契約するのもアリだ!

www.dazn.com

2021年は4回リングに上がると豪語しており、2月にトルコ人挑戦者イルディリムを下して以来の今回が2戦目。

るイリディリム戦があまりに格の違う圧勝に終わったが故に、かえって評判を下げた形になっていたカネロだが、今回の相手はメジャー団体の1つWBOの現役王者サンダース。これまで30戦して無敗を誇り、この階級としては低身長のカネロ(公称173cm)に比べて180cmと恵まれた身体を持つサウスポーだ。テクニック、パワーともに一級品であり、カネロと比べても格下感はゼロ。

Instagram

www.instagram.com

カネロはサウスポーを苦手にしているというデータもあり、ナチュラルボーンのスーパーミドル級、アウトボクサー型サウスポーのサンダースはかなりの難敵なのではないか、という見方もある。

そんなわけで、試合前の下馬評ではカネロ有利なのだが、サンダースの番狂わせを予想する評論家も少なくないのである。

年齢的には、メキシコ出身のカネロが 1990年7月18日生まれ(試合当日 30歳)に対して、英国出身のサンダースは1989年8月30日生まれ(同じく試合当日 31歳)とほとんど変わりない。体格的には前述したようにサンダースの方が身長が高い分有利かと思われるが、カネロはこのコラムでも何度も触れているように、かっちりとした雄大な肉体を持っておりスーパーミドルにあってもそのパワーは健在だ。体力的には遜色ないだろう。

Instagram

www.instagram.com

スーパーウェルターから、ミドル、スーパーミドル、ライトヘビーとクラスを上げ、今はスーパーミドルを主戦場と据えたカネロ・アルバレスだが、階級を変えながらも、スピードを犠牲にすることなく順当にパワーアップしてきた。そのおかげでカネロは闘い方を変えることもなく、常に真っ向勝負を挑み続け、強敵を正面突破してこれたのである。

カネロを苦しめるであろう戦略としては、カネロを上回る体幹とパワーで迎え撃つか(第1戦目のゴロフキンのような闘い方)、スピードとテクニックで翻弄するか(カネロの唯一の敗戦である、メイウェザーJr.のような闘い方)のどちらかだと思うが、動きの速いサウスポーであるサンダースとしては、後者を選択することになるだろうと思われる。つまり、カネロ対サンダースは、トルクフルなパワー対サウスポーならではの距離を活かしたスピードとなり、基本的には判定勝負を想定した試合になるだろうと推測されたのである。

This article is a sponsored article by
''.