自動車専門誌Motor Magazineスタッフが、2000万円越えスーパーカー取材で感じたあれこれを独自目線でご紹介。今回は、メルセデス・ベンツが誇るスポーティラグジュアリーライン「メルセデスAMG」が初めて独自開発した、4ドアサルーンに遭遇した。これがまた凄いんです。(写真:小平 寛)
※本連載はMotor Magazine誌の取材余話です。

ダークサイドの扉を開くのは、マットなボディカラーなのか

AMGのデザインゲノムの強靭ぶりをさらに高めているのが、ボディカラーだろう。テストカーは「グラファイトグレーマグノ」と呼ばれる、艶のないマットカラーでまとめられていた。

欧州ではマット系ボディカラーがすっかり「スポーティ」で「ラグジュアリー」なイメージを強化するアレンジとして定着した感があるが、その肌合いは実にしっとりしていて、かえって艶やかさにすら見える。

確かに大人になるにつれ、キラキラよりもっとりしたメイクが好ましく思えてくるもの。目の肥えた欧州のユーザーが、この独特の「輝き」に惹かれるのも理解できる。

AMG GTには他に、セレナイトグレーマグノとブリリアントブルーマグノが用意されている。このうちセレナイトとグラファイトは、4ドア専用だ。

画像: www.mercedes-benz.co.jp
www.mercedes-benz.co.jp

専用色ではないしマットでもないけれど、ダイヤモンドホワイトもなかなか似合うように思える。グレー系のダース・ベイダー感はそうとうだが、ホワイトにはストームトルーパーの面影を感じる。

やっぱり、スター・ウォーズ・コラボじゃね?

それはSFヲタの単なる思い込みではなかった。
メルセデス・ベンツ(日本)自体がすでに、そうしたイメージの棲み分けにしっかりお墨付きを与えていたのだ。

余談の中の余談。2017年5月2日。「STAR WARS™️ Edition」がデビュー

画像: 左:カルサイトホワイト、右:ナイトブラック。それぞれ60台ずつの限定だった。

左:カルサイトホワイト、右:ナイトブラック。それぞれ60台ずつの限定だった。

話は2年と半年ほど遡る。

メルセデス・ベンツ日本株式会社は2017年5月、「スター・ウォーズの世界観を表現した特別仕様車」をCLA 180に設定した。台数限定。トータルわずか120台のスペシャルバージョンである。

この時、共通するキーワードとして挙げられていたのが「宇宙」。スター・ウォーズはもちろんだが、CLAは「未知なる宇宙から地球へ到来したクルマ」というコンセプトが表現されていた。

特別装備の内容は、STAR WARS™️ Edition専用のウェルカムライトやフロアマット、スペシャルなコレクターズナンバープレートの他、窓につけると「まるでスター・ウォーズのキャラクターが乗っているかのよう」に見えるサンシェード(これはビミョ〜)などなど。

購入者には「R2-D2」「C-3PO」「BB-8」との記念撮影体験といった、マニア心をくすぐる特典も用意されていたという。

この特別仕様車には、2パターンのボディカラーが用意されていた。かたや、ホワイトボディとブラックパーツのコントラストで魅せる「カルサイトホワイト」は、ストームトルーパーをイメージしたコーディネイト。

こなた、エクステリアカラーに特別色の「ナイトブラック」を奢りつつ、ホイールもブラック。インテリアも黒基調でレッドのワンポイトを配した60台は、ダース・ベイダー調であることがリリースに明記されている。

CLA180 STAR WARS™️ Editionは、メルセデス・ベンツのデザインDNAにはおける、ストームトルーパー&ダース・ベイダーゲノムの存在を立証している……と、言い切ったらロジックが飛躍し過ぎ、だろうか?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.